近年、患者負担を軽減できる低侵襲手術として内視鏡手術が多く行われるようになりました。
しかし手術は外科医の暗黙知によるところが大きく、術者の個人差が出やすいことが問題となっています。
例えば、解剖構造の誤認識で臓器を損傷すると術後QOLの低下、最悪の場合は死亡するリスクもあります。
内視鏡手術をAIによってリアルタイムに解析し、熟練医の目である暗黙知を可視化することで
手術を支援するシステムを開発しています。